社長ブログ

2012年1月16日 月曜日

大切な人が亡くなったとき

ご逝去の一報を受け、ご移送、安置のあと打合せをさせていただくのが一般的ですが、いわゆる生前のご希望を伺い葬儀をすすめる<生前予約>も増えてきました。
ご本人から、またはご家族・親族・後見人さまからと、ご相談はさまざまです。

人が亡くなることは誰でも不安に感じます。
その上、家族の希望する葬儀をどうしたらできるのか?
ますます不安倍増ですよね。
そういった「不安をひとつでも解消したい」これが<生前予約>の考え方です。
誰が、ご相談されても構いません。

お客様の声で・・・以前ほかで行った葬儀はすべて担当者が決めてしまった。という方がいました。
他社でどんな打合せかは判りませんが、ご遺族様の不安や、わからない!を聞いてあげられなかったのだと思います。
家族の死を目の前にすると、なかなか平常心ではいられません。
現場にいる私たちも、大切な事は何度もお声がけするようにしています。
もちろん生前にお話を伺っていなくても、-きずな-ではゆっくりご説明しますのでご安心ください。

日本では古来より死の話はタブーだとする風潮がありましたが、不安解消やご家族の意思確認のためにも<生前予約>ご相談が多くなっているのだと思います。


投稿者 株式会社きずな