社長ブログ

2012年3月 5日 月曜日

ちいさな・・・・

大きさはホントは関係ないんです!

誰をご招待するか?(誰に声をかけるか?)人数がある程度把握できる葬儀!!
これが家族葬です。

いろんな考え方がありますが、たとえ葬儀当日お客様が10名でも誰がくるかわからないというのは、一般のお葬儀として考えます。

従って・・・故人のつきあいがわからない。誰に声をかけたらいいの??
新聞やご近所の回覧でとりあえずお知らせしたい。というのは一般的なお葬儀と言えます。

ですから・・・親戚・隣人・友人と限られた50名の有志で行う家族葬もあれば家族5名、受付4名、参列者20名の一般的なお葬儀もあるんです。

家族葬には自由が多いだけに難しい面もあります。
家族葬を行うには、なによりも家族の意思確認が大切なのです。


投稿者 株式会社きずな