社長ブログ

2012年11月21日 水曜日

急に寒くなって

これだけ寒暖の差が激しいと、自宅や寺院で受付のお世話をする隣組の皆様も本当に大変です。
費用や過ごしやすさを考えて、葬儀式場を選ぶ方がずいぶん増えました。
メモリーホールきずなで、家族葬を希望する方が増えている理由のひとつです。

葬儀といえば隣近所の手をかりたいところ、、、でも近年は、地域のよってはお手伝いにきていただける方を探すのも、大変な状況です。
核家族は当然のこと、働き盛りの方々が仕事を休むのは容易ではありません。
葬儀を行う喪家でも、通夜は来れないなんて方もたくさんいます。

以前でしたら、お葬式ぐらいお休みするのは普通でしたが・・・
職場の状況も、責任ある仕事をお持ちの方ほど、自由のきかない事ばかりです。

自営で家業のお忙しい方ですと、曜日限定で葬儀の日程を決めることもあります。

寂しい感じもしますが、これが今を生きる私たちの生活です。

いままでの普通は、経済や家庭状況・住まいの環境からすると、どれも例外になりつつあります。

現在の時代にマッチした葬儀を考えていく時期をむかえたのだと実感する毎日です。

いろんなカタチで家族ごとの気持ちで行える家族葬。
きずなでは、ひとつひとつのセレモニーをご家族と一緒に考えて少しゆっくりご家族と大切な方との時をすごせるようとスタッフ一同心掛けて参ります。

投稿者 株式会社きずな