社長ブログ

2018年5月30日 水曜日

自分の気持ち、誰に託す?

ホームページをご覧頂きお問合せ頂くことも増えてきました。

ご自分の考え、家族の気持ちに沿う葬儀のカタチをインターネットを通じて
勉強してくれている。そんなお客様が、多くなってきたことが嬉しい反面、
たくさんの情報や、いらない知識に翻弄されている現実にも直面します。
葬儀の情報を知ることは、とても大切だと思います。
しかし、「葬儀は家族ごと違うもの」という事をまず知って欲しいのです。

溢れる情報は参考資料。
比べて、考えて、自分の目で見て聞いて、確かめることが大事なのです。

自分の葬儀を心配する方もいらっしゃいますが、(いわゆる終活)
葬儀を行うことは、電化製品を買うようには行きません。
人の気持ちがそこにあるから、いろんな状況が生まれてくるものなのです。

どんな葬儀をしたいか?も、伝えていかなくてはいけないけど、
自分を看取ってもらう事、が一番大事なんです。

あなたのこと、誰に託しますか?
細かなことを考える前に、誰に自分の意志を継承するのか?
大事な託せる人に、伝承し、譲り、依頼していくことが重要なんです。

結局、人と人とのつながりが葬儀なのです。

あらためて、近くの人を大事にしよう!と感じる今日この頃です。




投稿者 株式会社きずな